Office for Mac


(Microsoft Access は含まれ(利用でき)ません。)

Office 2016 for Macをインストールする際の注意点


Office for Macのインストール作業を行う際,
「開発元が未確認のため開けません.」もしくは、「ファイルが壊れているため開けません.」という警告が表示される場合は、
Office for Mac 2011をインストールする際の注意点と同様の方法で解決することが出来ます。


Office for Mac 2011をインストールする際の注意点


Office for Mac 2011のインストール作業を行う際,
「開発元が未確認のため開けません.」という警告が表示されます.

この警告を回避してインストールを行うためには,未確認の開発元のアプリケーションでも
インストールすることができるよう特別に権限を与える必要があります.

権限を与えるには,「一時的に許可を与える方法(推奨)」と「システム全体の設定を変更してその後元に戻す方法」があります.

ソフトウェア配布管理システムは,このページの下部からログインできます.


方法1:一時的に許可を与える方法(推奨)
  1. デスクトップ画面左上の「ファイル」より「新規Finderウィンドウ」をクリックし「Finder」を開きます.
  2. 「ダウンロードフォルダー」を開きます.

  3. ダウンロードしたソフトウェアを「Control」を押しながらクリックします.
  4. 「開く」をクリックします.
  5. 警告が表示されます.ダウンロードした時刻や,大学正規のソフトウェア配布管理システムから
    ダウンロードしたものか確認した後,「開く」をクリックします.
  6. 「OK」をクリックすると「インストーラの確認と実行」画面に遷移し,インストール可能となります.
方法2:システム全体の設定を変更してその後元に戻す方法
  1. デスクトップ画面左上のAppleロゴをクリックし,「システム環境設定」画面を開きます.
  2. 「セキュリティとプライバシー」をクリックします.
  3. 左下の鍵マークをクリックします.
  4. Mac OSのアカウント名とパスワードを入力し,「ロック解除」をクリックします.
  5. 「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の項目が選択可能になります.
  6. 「すべてのアプリケーションを許可」を選択します.
  7. 「すべてのアプリケーションを許可」をクリックします.
  8. 「開く」をクリックします.
  9. 「OK」をクリックすると「インストーラの確認と実行」画面に遷移し,インストール可能となります.
この方法でインストールを行った場合には,インストールの作業完了後,
上記の「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の項目を必ず元の設定へ戻して下さい.

(「Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」など)

この設定を変更せず,Macを使用し続けた場合には,セキュリティ上のリスクが残ります.

ソフトウェア配布管理システムへのログイン

上記ご確認の上,ソフトウェア配布管理システムにてOffice for Mac 2011のご利用をお願い致します.

ソフトウェア配布管理システム

「インストーラの確認と実行」画面について不明な点は,こちらのマニュアルをご参照ください.



Office for Mac 2011 をインストールする方法

Office for Mac 2011 をインストールするには、以下の手順を実行してください。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。

  2. インストールを行いたいMacのPCに、USBフラッシュメモリを挿入します。

  3. USBフラッシュメモリを開き、Office for Mac 2011のインストールアイコンをダブルクリックします。

  4. インストーラの起動後、[続ける]をクリックします。
  5. 使用許諾の確認後、[続ける]をクリックします。
  6. 使用許諾のダイアログが表示されるので、[同意する]をクリックします。
  7. [インストール]をクリックしてインストールを続行します。
  8. ユーザー名とパスワードを入力し、[ソフトウェアをインストール] をクリックします。
  9. インストールが開始します。
  10. 「インストールが完了しました。」のメッセージが表示されたら、インストールは完了です。
    [閉じる]をクリックし、ウィザードを閉じます。