Windows OSアップグレード時の互換性について

移行時の注意点

アップグレード元とアップグレード先のOSの組み合わせにより,一部の情報が引き継がれません.

特に,下記の場合に注意が必要です.
アップグレード元Windows Vista
Business
Windows 7
Professional
Windows 7
Enterprise
Windows 8
Pro
Windows 8
Enterprise
Windows 8.1
Pro
Windows 8.1
Enterpise
家庭向けXP Home Edition(SP3以降)------
企業向けXP Professional(SP3以降)1111--
家庭向けVista Home Basic------
Vista Home Premium-------
Vista Ultimate-------
企業向けVista Bussiness(SP1以降)22--
Vista Enterprise(SP1以降)---2--
家庭向け7 Starter----1-
7 Home Basic----1-
7 Home Premium----1-
7 Ultimate----1-
企業向け7 Professional---11
7 Enterprise-----1
家庭向け8(無印)-----
企業向け8 Pro---
8 Enterprise-----
タブレット用8 Windows RT×××××××
家庭向け8.1(無印)-----
企業向け8.1 Pro---
8.1 Enterprise-----
タブレット用8.1 Windows RT×××××××

Windows 8.1に関する特記事項

Windows 8.1は,Windows 7からのアップグレードであってもアプリケーションが引き継がれません.

また,Windows 8 Enterpiseは,Windowsストア経由で8.1にアップグレードできません.
Download Stationもしくは貸出メディアの利用が必要です.


異なるアーキテクチャ(32bit/64bit)への移行について

32bit版から64bit版など,異なるアーキテクチャ間で移行する場合はすべての情報が引き継がれません.

異なる言語版への移行について

英語版から日本語版など,異なる言語版へ移行させる場合は,個人データファイルのみが引き継がれ,
その他のアプリケーションやWindows設定などは引き継がれません.